賃貸借契約用語説明、契約時初年度の費用例

賃貸借契約用語説明

用語解説
礼金建物の賃貸借契約を新規に締結する際に、賃借人から賃貸人に対して契約締結時に支払う金銭で、家賃の一部です。契約期間終了の場合も、賃借人の都合で途中解約する場合も、賃借人に返還されません。礼金の無い契約の物件もあります。充分ご検討ください。
更新料建物の賃貸借契約を更新する場合、契約満了時迄に、賃借人から賃貸人に支払う金銭で、家賃の一部です。1年契約なら1年ごと、2年契約なら2年ごとに必要です。契約期間終了の場合も、賃借人の都合で途中解約する場合も、賃借人に返還されません。更新料の無い契約の物件もあります。充分ご検討ください。
敷金建物の賃貸借契約を新規に締結する際に、賃借人から賃貸人に対して、次のような目的のために預けられる金銭です。
①賃料の不払い・未払いに対する担保
②契約により賃借人が負担すべき修繕費用や原状回復費用の前払い
一般的には将来契約が終了した場合には、上記①や②の金額を控除した残額が、賃借人に対して退去後に返還されます。
敷引(解約引)賃借人から賃貸人に対して交付された敷金のうち、一定の部分を賃借人に返還しないことを契約時点で特約として定める場合があり、この返還しない部分を「敷引(解約引)」と呼んでいます。
家賃建物の賃貸借契約によって賃借人から賃貸人に支払われる対価です。礼金・更新料の定めがある場合、これらは一時金ですが家賃の一部です。毎月支払う家賃と礼金・更新料を総合してご検討ください。
共益費(管理費)賃貸マンション・アパートにおいて、賃貸物件の管理のために必要とされる費用であり、賃借人が賃貸人に対して毎月支払う金銭のことです。(入居中に享受する受益に対する費用)
住宅総合保険建物の賃貸借契約時に、皆様に住宅総合保険に加入していただいております。火事や水漏れ等、その時の状況に応じて、損害や生じた賠償責任に保険金が支払われます。
仲介手数料
(斡旋手数料)
宅地建物取引業者の媒介により賃貸借契約が成立した場合に、宅地建物取引業者が媒介契約に基づき、依頼者から受け取ることができる報酬のことです。宅地建物取引業者は当該依頼者の承諾を得ているときは、最高で家賃の1ヶ月分(税込105%)を依頼者の一方から受けることができます。京都産業大学指定宅建業者でご成約の場合、一律、家賃の半月分(税込52.5%)以下となります。

契約時・初年度の費用例

(例)家賃45,000円・共益費5,000円・礼金100,000円・敷金150,000円・仲介手数料23,625円 [家賃の半月分(税込52.5%)]の物件を契約した場合

契約時必要費用

前払家賃前払共益費礼金敷金仲介手数料合計
45,000円5,000円100,000円150,000円23,625円323,625円

初年度総費用

前払家賃前払共益費礼金敷金仲介手数料合計
540,000円
(45,000円×12ヶ月)
6,000円
(5,000円×12ヶ月)
100,000円150,000円23,625円873,625円

*物件によっては、その他の経費が必要な場合があります。